フライビシットは妊娠中はNGです⇒安全な骨盤矯正の為に

フライビシットを妊娠中に履くのは控えましょう…

 

フライビシットは、楽天のショーツランキング1位に輝くほど人気のダイエットアイテムです。

 

産後の体型戻しに関心があるママさんからの支持も高いので、なるべく早く骨盤矯正に取り組みたいかと思いますが・・・

 

妊娠中の着用は控えましょう。

 

 

そもそも妊娠中からフライビシットを履いても、産後の生活習慣で歪みができてしまう事があります。

 

一番効果的に骨盤矯正に取り組めるタイミングを、確認しておきませんか

 

 

 

 

 

 

妊娠中、骨盤の締め付けには注意

 

妊娠中は、出産に向けて骨盤が徐々に緩んでいきます。

 

当たり前ですが、これは体に備わっている自然な反応なので、安全な出産を迎えるにあたり大切なこと。

 

フライビシットは骨盤ショーツの中でも締め付けが強力なので、その動きを無理やり止めてしまう可能性があります。

 

その為、”骨盤矯正目的”で着用するのは、控えたほうが賢明でしょう。

 

 

しかし、骨盤が緩んで腰痛に悩んだり姿勢が崩れていくこともあるので、安定させるサポーターのようなものを着用するのはオススメです。

 

締め付けが強くなく、安定性を高めてくれるようなものがあれば、検討されてみてください。

 

骨盤の安定は、背骨の安定にかかわっています。

 

妊娠中は骨盤が不安定になることから、体を支える為に筋肉が頑張って腰痛になりやすいです。

 

腰痛予防の為にサポーターをしたり、マッサージなどをすることは、妊娠中の大切なケアになります

 

骨盤を安定させることと、締め付けて矯正することは違うという事ですね。

 

 

産後や生理中にフライビシットを着用することについては、こちらの記事でまとめています。

 

 

 

 

 

フライビシットは産後に真価を発揮する

 

出産で緩んだ骨盤は、産後6ヶ月くらいまでに元の固さに戻っていきます

 

なので、この間に骨盤の歪みを修正していくことが大切で、逆にこの時期を過ぎると矯正しづらくなってしまいます。

 

緩んでいる分、歪みやすい反面、矯正しやすい期間でもあります。
チャンスを逃がさないように、しっかりケアしておきましょう。

 

 

育児中は抱っこや授乳など、長時間一定の姿勢を保つことも多くなります。

 

そしてそれが繰り返されることで、骨盤をはじめ体の歪みはどんどん悪化…。

 

この歪みを予防しつつ矯正していく事に、フライビシットは貢献してくれます。

 

 

 

 

 

フライビシットの骨盤矯正効果について

 

フライビシットの締め付けは業界でも随一といわれ、骨盤を常に中心に収めていくように作用します。

 

 

※骨盤矯正ヨガ24回分と聞くと、なんだかスゴそうですよね。

 

 

私達が歩いたり立ったりする際、骨盤はわずかに動き余裕が生じます。

 

そしてその瞬間が、矯正を加えていくタイミングでもあります。

 

なので、フライビシットを着用して家事や育児をするだけで、絶えず骨盤には矯正力を加えることができるという事なんですね。

 

 

育児中は、なかなか自分の身体のケアまで気が回らないと思います。

 

産後の体型に悩んでいる、また悩まないように予防したいというママさんにとって、『履くだけでダイエットができる』というフライビシットは、オススメの骨盤ショーツといえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

骨盤のケアには、適切なタイミングがあります。

 

妊娠中は骨盤の矯正ではなく安定を重視、そして産後6ヶ月までを1つの目安として、歪み防止や矯正に力を入れていくのが良いでしょう。

 

産後の回復具合は、人それぞれです。

 

また、普通分娩なのか帝王切開なのかでも変わってきます。

 

なので、フライビシットの着用開始時期は、医師に相談しておくと安心です。

 

 

 

 

【関連記事】