フライビシットで便秘が解消!?⇒その理由と効果的な履き方

フライビシットの便秘解消効果について(履き方のコツも紹介)

 

『履くだけでダイエットができる』と話題のフライビシット

 

楽天のショーツランキングでも1位になるほど、人気の補正下着です。

 

 

口コミを見ると、

 

  • ○○kg痩せた
  •  

  • ウエストが○○p細くなった

 

というコメントが多い中、『便秘が解消された』という声もちらほら残されています。

 

本当に履くだけで便秘が解消されるのでしょうか。

 

 

ここではフライビシットの矯正力の特徴に触れながら、便秘解消効果の本当の所に迫ってみたいと思います。

 

便秘解消にオススメの着用方法”などについてもまとめていますので、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

フライビシットの矯正力の特徴

 

フライビシットの特徴は、”業界随一”と言われる骨盤を締め付ける圧です。

 

その圧力は骨盤を常に中心に収めるように働き、歩いたり立ったりするたびに矯正力が加わるようになっています。

 

 

またフライビシットの矯正力は、”骨盤の前側を閉じる”方向に作用します。

 

 

骨盤の前が閉じるという動きは、関節を安定させることにつながるので、歪みを予防する効果にも期待できるということです。

 

歪みの悪化を防ぎつつ、適切な矯正力を加えることができるというのが、フライビシットの特徴です。

 

 

このことを踏まえて、フライビシットと便秘解消との関係を確認していきましょう。

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

フライビシットで便秘が解消されるのはなぜ?⇒3つの原因にアプローチができるから

 

便秘は骨盤が歪んでいることが原因』と言われますが、具体的に歪みがなぜいけないのかを知っている方は少ないと思います。

 

ここからは、骨盤の歪みと便秘の関係を紐解きながら、フライビシットに期待できる効果をチェックしていきましょう。。

 

 

骨盤の開きによる便秘:フライビシットに期待できる効果

 

骨盤の歪みタイプとして、”開きすぎている状態”の方が大勢いらっしゃいます。

 

特に、出産により開いた骨盤がそのまま定着していることが多く、『出産してから便秘がひどくなった…』という方も少なくないはずです。

 

 

骨盤が開くということは、それだけ骨盤内にもスペースも広がるということ。

 

その結果、よく耳にする”内臓下垂”が起き、便の通り道である大腸も下に沈んでしまいます。

 

大腸が下がると、潰れたような形になります。
そうなると、便は大腸内をスムーズに移動できなくなり、便秘へと発展していきます。

 

 

また女性の場合、妊娠によって腹筋の筋力低下がかなり進んでしまいます。

 

それが腹圧の低下を招き、腸が前方に垂れ下がることでポッコリお腹が出来上がってしまいます

 

 

 

 

繰り返しになりますが、フライビシットの矯正力は、骨盤の前側を閉じるように作用します

 

つまり、骨盤の開きを抑えるということになり、大腸が落下するのを食い止めてくれるということです。

 

さらに骨盤を含めた下腹部全体を覆ってくれるので、ポッコリお腹の解消にも貢献してくれます。

 

腸がしっかりと持ち上がることで中に空洞ができ、便は排泄方向に進みやすくなる。
⇒便秘解消に向かう。

 

 

 

神経の抑制による便秘

 

骨盤には、自律神経の1つである”副交感神経”が存在しています。

 

この神経は内臓の働きに関係しており、歪みがあることで活動が抑制されてしまいます。

 

その結果腸の働きも低下し、便秘傾向に・・・

 

そしてこれに関しても、フライビシットの矯正力に効果が期待できます。

 

 

 

冷えによる便秘

 

お腹が冷えることで、腸の温度も低下するといわれています。

 

腸内の温度低下は、”善玉菌の活動を抑制し、悪玉菌を活性化する”と言われているため、腸内環境はどんどん悪化していってしまい、便秘の原因となります。

 

 

フライビシットは遠赤外線生地を採用しているため、”温熱効果がある”ということも特徴の1つ。

 

 

履くだけで下腹部を温めてくれるので、間接的ではありますが便秘への効果が期待できます。

 

 

 

 

 

骨盤の矯正を目的にしたショーツは、他にもたくさんあります。

 

しかし、締め付けに強いこだわりを持っていたり、保温作用までを兼ね備えているものはなかなかありません。

 

あくまで痩せることがメインかとは思いますが、便秘の解消もダイエットには重要です。

 

お悩みの方は、フライビシットを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に、便秘解消にオススメのフライビシットの履き方をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

便秘解消に効果的なフライビシットの履き方

 

腸は、お腹の中の膜を介して横隔膜とつながっています。

 

(横隔膜:おうかくまく⇒みぞおちあたりにある)

 

そして、横隔膜は息を吸うときに下がり、吐くときに上に上がります。

 

なので・・・

 

便秘に悩まれている方は腸が下がっていることが多いです。

 

そんなときは、

 

⇒体をまっすぐ伸ばして良い姿勢になり

 

⇒息をしっかり吐くことで横隔膜を持ち上げることで・・・

 

⇒間接的に、腸も上に持ち上げることができる。

 

ということになります。

 

 

フライビシットを履く時もこのことを意識して、

 

まっすぐ立って、息をたくさん吐き下腹部をへこませる

 

その状態を維持したままフライビシットを履く

 

こうすることで、腸をしっかりと持ち上げたまま、骨盤も良い状態を保つことができます。

 

この状態であれば、腸内のスペースを確保したまま生活を送ることができます。
繰り返しになりますが、スペースがあれば排便がスムーズに進むため、より便秘の解消につながります。

 

フライビシットをお試しの際は、よければ参考にしてください。

 

 

 

 

 

骨盤ショーツと言うと、デザイン的にダサそうなイメージがあると思います。

 

しかし、フライビシットは『花柄のレースがカワイイ』という声も多く、ざわちんさん・藤崎奈々子さん、山本モナさんなどの芸能人も愛用しています。

 

 

興味がある方は、検討されてみはいかがでしょうか。

 

 

 

※検討中の方は、下記の記事も参考にして下さい。