フライビシットを生理中に履くのは危険!?正しい知識を…

フライビシットを生理中に履くのは危険かも…これだけは知っておいてください

 

フライビシットの口コミを見ると、「生理痛が軽減しました」というコメントもちらほら残されています。

 

 

ですが、”生理中に骨盤をあまり締め付けてはいけない”という考えがあるのも事実。

 

このように意見が分かれていると、少し不安になってしまいますよね。

 

そこでここでは、フライビシットを生理中に着用することについて、少し掘り下げてまとめてみました。

 

びくびくすることなく安心して骨盤矯正に取り組めるように、是非目を通してみてください。

 

 

 

 

 

生理中にフライビシットを着用した方の口コミ

 

心地よい締め付けで、姿勢がシャキッとするのを実感できます。
腰を温かく支えてくれるので、生理痛も心なしか軽減したかな?という感じです
特につらさは感じないので、継続していこうと思います。

 

遠赤外線生地を使用した骨盤矯正ショーツという事で、冷え性の私には助かります。
生理痛も以前より良く、冷えが原因だったということがわかりました

 

産後の体型ケアの為にフライビシットを購入しました。
私は生理痛がひどく、そのタイミングは着用を控えようと思いましたが、つらくなったら脱げばいいと思い、履き続けていました。
その結果、ひどくなるどころか痛みが軽減したように感じます
次回も履き続けて、検証してみようと思います。

 

楽天などの大手通販サイトの口コミを見ると、このようなコメントが残されています。

 

確かに骨盤の歪みは生理痛を悪化させる原因の1つです。

 

しかし、効果があるからと安易に着用した場合、生理の症状が悪化したり長引いてしまう可能性もあるんです

 

 

 

 

 

生理中の骨盤の開閉運動について

 

女性の骨盤は、”排卵時にがキュッと閉じ、生理が始まるタイミングに合わせて徐々に開いていき、生理3日目になると再び閉じる”という動きがあります。

 

ほんの数mm単位のわずかな動きです。

 

この動きは、経血のスムーズな排出にかかわっていると言われており、フライビシットで動きを止めてしまうと、それだけ経血が子宮に溜まりやすく、生理を長引かせることにつながってしまいます。

 

 

なので、

 

とにかく締め付ける

 

ではなく、

 

心地よいくらいに締め付ける

 

程度にとどめておくことが大切です。

 

きついものではなく、少しゆとりを持ったサイズを着用するのが望ましい。

 

↑↑↑

 

このことを踏まえて、フフライビシットの生理痛に期待できる効果を確認していきましょう。

 

 

 

 

 

フライビシットの生理痛への効果

 

先ほど「生理中は骨盤の開閉運動がみられる」とお話しさせていただきましたが、実はこの動きが生理痛と関係しているんです。

 

子宮は骨盤内に存在し、靭帯により吊られ宙に浮いている状態です。

 

この靭帯は骨盤に付着しているので、骨盤が開くと靭帯も引っ張られ、子宮にもテンションが伝わります。

 

これが、生理痛の1つの要因なんですね。

 

 

 

この時、正常であればそれほど強いテンションが子宮に加わることはありませんが、骨盤が歪んでいたり、開きすぎていたらどうでしょうか?

 

  • 子宮がひねりながら引っ張られることもあるでしょう
  •  

  • 過剰に骨盤が開けば、通常より強く引っ張られることもあるでしょう

 

 

↑↑↑

 

つまり、この状態にならないようにすることが大切になります。

 

生理中にフライビシットを着用するということは、

 

骨盤の歪みを整え、開きすぎないように補正することで、子宮に負担をかけないようにする

 

そんな意味合いがあるんです。

 

 

 

補足:冷えによる悪化にも効果的?

フライビシットは、履くだけで熱を発してくれる遠赤外線生地を採用しています。
お腹の冷えが生理痛を悪化させている場合も、症状を軽減してくれることが期待できます。

 

 

 

 

 

まとめ:目的をしっかり理解して着用しよう

 

骨盤をただ引き締めるだけでは、最悪の場合、症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

あくまで、

 

  • 骨盤が歪まないように補正する
  •  

  • 骨盤が開きすぎないよに補正する

 

この2つが目的であるという事を、少し覚えておくと良いかと思います。

 

そして症状が悪化した場合は、すぐに着用を中止しましょう。

 

 

 

提案

フライビシットを愛用されている方の中には、通常時と生理中でサイズを分けている方もいらっしゃいます。

 

  • 通常時は、しっかり締め付けることができるMサイズ
  • 生理中は、ゆったり締め付けてくれるLサイズ

 

症状がひどい方は、”履き分ける”という方法も1つかもしれませんね。

 

よければ検討してみてください。

 

 

フライビシットの詳しい商品情報は、こちらからご確認ください。

 

 

 

 

また夜の着用や産後に履き始めるタイミングなど、詳しい履き方についてはこちらを参考にしてください。